【嵐にしやがれ】ビフテキ家あづまの「じゅうじゅう焼き」が美味しい!お店の場所や口コミ・評判は?【山田涼介VS嵐の体育会系肉グルメデスマッチ】

こんにちは、ちゃるです。

本日21:00から放送の「嵐にしやがれ」は「体育会系肉グルメデスマッチ」ということで飯テロな番組内容となること必至ですね!

「話題のじゅうじゅう焼き」「アキバで人気のチャーハン」「築地で行列ホルモン丼」「肉の匠が手掛ける肉そば」「丼グランプリ金賞の肉丼」などなど、勘弁してくれって感じです。笑

ちなみに「話題のじゅうじゅう焼き」のお店、以前管理人が働いていた会社のすぐ近くにあったお店なのでよく覚えています。

もちろん何度か食べに行ったこともありますよ~♪

(例のごとく写真は残ってない!)

ということで番組放送前ではありますが、「じゅうじゅう焼き」のお店の情報をあれこれお届けします♪

ビフテキ家あづまの「じゅうじゅう焼き」が美味しい!お店の場所はココ!

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13012037/dtlrvwlst/B41627399/

番組内で登場予定の「話題のじゅうじゅう焼き」が食べられるお店は、新宿三丁目のど真ん中にお店を構える洋食店「ビフテキ家あづま」さん。

出典:https://ameblo.jp/fruitcake-1022/entry-12157863785.html

寄席を行っている「新宿末廣亭」のすぐ隣に位置しており、目印には十分と言えるほど目立ちますね。

出典:wikipedia

最寄駅は「新宿三丁目」ですが、新宿駅からでも余裕で歩ける距離感です。

スポンサーリンク

「ビフテキ家あづま」の口コミ・評判は?

まずは実際に食べに行ったことのある管理人の食レポから。

しつこいようですが、写真には残っていなくとも舌にはばっちり記憶が残っていますので。←

管理人は仕事のランチタイムに行くことしかなかったので、とにかく平日ランチタイム時は混雑しています。

というか入れずに断れたことも多々。

ただし外から覗いて席が埋まっていたとしても、地下にも席があるので満席とは限りません。

女子にはちょっと勇気がいるかもしれませんが、思い切って入口のドアを開けて見てください!

お店自体はオープンして60年以上経っているということもあり、佇まいや店内の雰囲気もなかなか年季が入っているといった感じです。

また、「喫煙可」なのでサラリーマンにも大好物のお店というわけですね。

煙草の煙が苦手な方は要注意!です。

▽ランチメニュー

出典:https://ameblo.jp/fruitcake-1022/entry-12157863785.html

ちなみにディナーでも「じゅうじゅう焼き」は食べられますが、お値段は150円アップの1,000円となります。それでもライスとスープが付くのでお得に感じますね!

さて、肝心のお味はというと…

出典:https://ameblo.jp/fruitcake-1022/entry-12157863785.html

熱々の鉄板に乗ったキャベツ豚肉の上にたっぷりかけられたソースがじゅうじゅう音を立てて、まさに「じゅうじゅう焼き」なわけですが、このソースがやみつきになる美味しさ♪

写真で見るとボリューミーに見えますが、意外と量はそんなにありません

女子でもぺろりと行けちゃう量なので、男性にはちょっと少なく感じるかも?

あとはソースが結構跳ねるのと、ソースの湯気がもくもく沸き立つので、オシャレに着飾って食べに行くお店ではないということだけ、女性陣は注意しておいた方がいいかもしれません。

とは言ったものの当時の管理人、いかにもOL風の白いドッキングワンピースの巻き髪ヘアで一人ふらりと食べに行ってましたが何か。

ちなみに「食べログ」での評価も3.50と高評価!

頼むは、じゅうじゅう焼き。
豚バラ肉とキャベツのアツアツ鉄板に、
醤油、酢、玉ねぎ、リンゴなどの
複雑味ある絶妙な秘伝のタレをかける。

それだけの料理だが、ご飯に合う!
ものすごく合う。美味い!

by サムライサムさんの口コミ

まずは、人気のじゅうじゅう焼きだ!!と思って、豚のじゅうじゅう焼きを注文。
酸味のきいたソースをかけて、焼板の上でソースがジュージューなるのを楽しむ、本当に洋食屋さんの良いところが凝縮されたような風情です。

by fuji_minekoさんの口コミ

番組内でも、食欲そそる「じゅうじゅう」音を聴けるはず♪

聴いたら絶対に食べたくなります!!

まとめ

…いかがでしたか?

「じゅうじゅう焼き」以外の肉グルメ達も、期待大ですね♪現在進行形で腹ペコな管理人、番組を待ちきれません。

ではではまた~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする