Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コインチェックが倒産で資金は戻らない可能性大!?破産する人が続出?XEM(ネム)以外のコインはどうなる?【仮想通貨ショック】

こんにちは、ちゃるです。

日本での仮想通貨における大事件

ついに起こってしまいましたね…。

1月26日(金)、国内大手仮想通貨取引所の

「コインチェック」にて、利用者から

預かっている約580億円分の仮想通貨

XEM(ネム)が外部からの不正アクセス

により流出したとのこと。

原因はあくまで「調査中」とのことですが、

コインチェックは元々セキュリティの

脆弱性が指摘されており、恐らく不正アクセス

により「根こそぎもってかれた」と見て

間違いなさそうです。

今晩はあまりの衝撃の為に眠れない夜を

過ごす方も多いのでは?

※1月28日11:00 ページ最後に追記あり

スポンサーリンク

コインチェック社が倒産で資金は戻らない可能性大!?破産する人が続出?

会社が倒産したらどうなるか?の過去記事はこちら↓

会社が破産するとどうなる?支払ったレンタル料や預けた資金はいつ戻るの?【はれのひ・コインチェックの今後】

かくゆう管理人も年明けからこの

「コインチェック」に登録したばかりで10万円

ほど仮想通貨を購入し、放置していた身です。

管理人にとっては安くはない額ですが

元々ギャンブルだと思っていたので、良いお勉強

になったと思い既にないものと切り替えています。

FXと違って追徴金を支払うようなこともない

ので、不思議と痛みを感じないのが怖い…。汗

いいんだか悪いんだか…

ですがそんなちょっとしたお小遣い稼ぎ

程度ではなく、

・手持ちの資産のほとんどをつぎ込んでいる

・預金を全て仮想通貨に換えてしまった

等々、仮想通貨への投資額が大きければ

大きい方ほど不安は大きいのではないでしょうか?

ということでコインチェック社がもし「破産」

をした場合にどうなるか、調べてみました。

うーん…

調べても良いことなさそうなことは

調べたくないのが本音。汗

スポンサードリンク

かの有名なマウントゴックス社が、今回の

コインチェック社と同様「ハッキング」による

ビットコインの消失で経営破綻という道を

辿ったのは記憶に古くない事件です。

出典:http://hippo.blog.jp/archives/52271402.html

2014年2月23日、マウントゴックス社のCEOであるマルク・カルプレス氏がビットコイン財団の取締役を辞任。

翌日の24日、マウントゴックスは全取引を中止。

数時間後にサイトが消去されブランクページに。

同社は何年も発覚しなかった窃盗行為によって744,408ビットコインを損失し破産に至った。

※wikipediaより引用

コインチェック社も損失額の大きさから見て、

このまま破産申請に入る流れが有力ではないかな?

と個人的には思います。

もちろんそうなればコインチェック社は「債務者」、管理人も含むコインチェック利用客は「債権者」と言うことになりますね。

マウントゴックス社での一件もそうだったように

恐らくこのまま放っておいて債権者にお金が戻って

来る可能性は非常に少ないです。

債権者はその権利として、債務者に預けた資金の返還を請求することが出来ますが、コインチェック側としても「無い袖は振れない」のが本音でしょう。

▽コインチェック社の和田社長

出典:https://japan.cnet.com/article/35112672/

つまるところ、コインチェック社が経営破綻を

した場合には「資金は戻ってこない」ことは

ほぼ確定と言えます。

XEM(ネム)以外のコインはどうなる?

今回は数ある仮想通貨の一つである

「XEM(ネム)」というコインが

被害にあってしまったわけですが、

実際には今現在、コインチェックでは

「ビットコイン」を除く全通貨の取引が制限

されています

▽実際の画面

当然ながら「出金(売却)」も出来ません。

銀行でいう「口座凍結」の状態と同じですね。

自分はNEM以外の仮想通貨を購入していた

からセーフ!というわけではないということ

です。(※ビットコイン購入者は別として)

もちろんコインチェック社が倒産、破産を

した場合には…

繰り返しになりますが、NEMに限らず

預けた資金が戻ってくる可能性は

非常に低いです。

スポンサードリンク

今のところ、コインチェック社が破産を免れる

チャンスとして挙がっている意見としては

・NEM財団からのサポートが受けられるかも?

・他の企業がコインチェック社を買収する

・実は事件自体が嘘だった(さすがにこれはあり得なさそうです…)

など。

どれも過大な期待はできませんが、

少なからず希望は捨てずに一筋の光明を

待ちたいものです。

まとめ

…いかがでしたか?

眠れない夜をお過ごしの方には

余計に不安を煽るような内容に

なってしまったかもしれません…

恐らくこれからもどんどん続報が流れてくる

と思われますので、事実に沿って都度記事の

修正・更新をかけていきますね。

※追記※

日本円での返金対応が決定しましたが、

・いつ返金がされるのか

・取引制限がいつ解除されるか?

について書いた記事はこちら↓

コインチェックの取引制限解除とネムの返金はいつ?本当に返金される?現在のコインチェック社の状態は?

ではではまた~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする