三鷹の森ジブリ美術館は大人向け?チケットの本人確認はある?館内での混雑回避のルート攻略法!

こんにちは、ちゃるです。

三鷹の森ジブリ美術館では現在、食欲そそられる特別展示が開催中です♪

出典:三鷹の森ジブリ美術館公式HPより

管理人は昨年末に奇跡的にチケットが購入できたので、早速先日行ってきましたよ~!!

ちなみに管理人、三鷹の森ジブリ美術館に足を運ぶのは今回で2回目です。

初めて行ったのは確か4~5年前くらい…?

記憶もあやふやなくらい前です。汗

そんなこんなで、初めて行った時の記憶はちょっぴり自信がありませんが、今回改めて三鷹の森ジブリ美術館へ遊びに行って気付いたこと・気になったことも踏まえて備忘録がてら書いておこうと思います。

・知人にチケットを譲ってもらったんだけど、入場できる?

・子連れで行きたいけど、子供が飽きないか心配

・混雑が苦手だけど、対策はある?

などなど、まだ行ったことがなくて迷っている方は是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

チケット券面に記載の購入者のみ、入場時に本人確認あり!

まず、初めて足を運んだ時と今回とではっきりと変わっていたことが一つ。

「入場時のチケット本人確認」がありました!

初めて行った4~5年前にはなかったので、「あれ?」と思ったのですがマイナンバーカードをお財布に入れていて良かった…。

公式HPを見てみると、どうやら平成28年7月~新設されたルールのようですね。

↓  ↓  ↓  ↓

重要 入場チケットに関する一部改定について


2016年7月入場分(6/10発売分)のチケットから、チケットの仕様、発売日について下記改定を行います。

チケット券面に購入者のお名前が印字されます

7月入場分チケット(6/10発売分)より、購入者のお名前が券面に印字される記名式のチケットに変更になります。

今後は、美術館入口にてチケット購入者の本人確認を行う場合がありますので、身分証明書(免許証、各種保健証、学生証、パスポート、マイナンバーカードのいずれか)をご持参下さるようお願いいたします。また、お連れの方はご一緒に入場していただきますようご協力ください。券面に記載されたご本人様が来場していない場合は、入場をお断りすることがございます。また、営利目的でのチケット転売は禁じられており、転売されたチケットでは入場できません。ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

公式HPより引用

入場時間ぴったりに行ったので既に5~60人ほど入口に列をなして並んでいましたが、2名の係員の方がきちんと1組1組全員に本人確認を行っていましたよ。

ちなみに三鷹の森ジブリ美術館は記名式のチケットとなっており、券面に名前が記載されている購入者のみ本人確認が必要です。

例えば複数人のグループで行った場合、購入者以外はチケットに名前の記載がないので本人確認はされませんが、逆にチケット購入者が何らかの理由で来れなくなった場合、他のメンバーも全員入場が出来ない(=チケット無効)ということになります。

これは転売されたチケットとの見分けがつかないからでしょうね~。

何としてでもチケット購入者には来てもらう必要があるので、大勢で行く場合にはチケット購入者の責任は重大です。

急な仕事が入ることがなく、風邪や病気にかからなさそうな丈夫な方にチケットを購入してもらいましょう!笑

三鷹の森ジブリ美術館は大人向け?子供は早々に飽きる可能性あり!

館内は一部を除いて写真撮影NGの為、内部の様子を写真でお伝えすることは出来ないのですが今回足を運んだのが土日ということもあり、来館者の6~7割は「子連れのファミリー」でした。

そしてなぜか外国人観光客も多かった。明らかな旅行客っぽかったので、どうやってチケットを入手してるのか謎です…。

ツアーに組み込まれていたりするんでしょうか?

話を戻すと、大まかに三鷹の森ジブリ美術館の館内はこんな作りになっています↓

・常設展示室

・期間限定展示室

・ミニシアター(15分程度の映画が観られる)

・ネコバスのあるキッズスペース

・屋上(ロボット兵がいる!)

・グッズショップ、図書室

・カフェ・レストラン、飲食スペース(屋外)

飲食の時間は除くとして、ゆっくり全て回ろうと思うと少なくとも2時間以上はかかります。

そして、小学生くらいまでのお子さんが興味を持つものと言えば

・ネコバスのあるキッズスペース

・屋上

・ミニシアター(土星座)

これくらいじゃないかなと…。

屋上はそんなに広くなく、ラピュタのロボット兵とラピュタの文字が刻まれた台座(ムスカの「読める…読めるぞ!」のセリフで有名なこの↓台座)があるくらいなので、せいぜい長居しても10分程度。

そして言わずもがな、ネコバスが設置されているキッズスペースは激混みです…。

(さすがのちびっこ達も、「人がゴ〇のようだ…」と思っているはず。。)

その他の展示物関連は、管理人の主観ではありますがほとんどが「大人向け」だなぁと感じます。

映写機の仕組みや絵コンテ、アニメーターの仕事内容うんぬん…といった映画製作の裏側など、将来は絶対映画監督になるんだ!と心に決めているマセた小学生ならわかりませんが…

まずちびっこが興味を持つ内容ではないです。

ただ、大人にとっては大いに興味が惹かれる内容だったりするので、熱中する両親を尻目に「早く帰りたい~」とグズっているお子さんがちらほら。笑

ミニシアター(土星座)は時期によって上映される映画が変わるのですが、今回上映されていたのは「水グモもんもん」という、水グモがアメンボの女の子に恋をするといったお話しでした。

出典:http://www.ghibli-museum.jp/cinema/works/#mizugumomonmon

が、2~3歳のお子さんにはちょっと難しかったようでポカン…としている子や、クモが怖かったのか泣き出す子、もう少し年齢が上の子でも「いつ終わるのー?」と興味なさげ…。

確かに、出てきたキャラクターもリアルな海の生き物ばかりで、ちょっと大人向けの内容だったかな…?

ちなみに管理人が初めて行った時は「コロの大さんぽ」という映画が上映されたのですが、これは小さい子に大ウケしていたのを覚えています。

ストーリーうんぬんより、やっぱり子供にとって犬は親しみが深くて分かりやすい動物なんだなぁとしみじみ。

ちなみにミニシアターで上映されている映画は事前に公式HPで確認ができるので、観たい映画が上映されている時期を狙って行くのもおススメです♪

お子さん向けと言えば、となりのトトロのメイちゃんとネコバスが登場する「めいとこねこばす」なんかは間違いない気がします!

出典:http://www.ghibli-museum.jp/cinema/works/#meitokonekobasu

館内での混雑回避の為のおすすめ巡回ルートは?

完全に管理人の独断と偏見ですが、混雑を避けるためのちょっとしたコツをご紹介します。

・常設展示室は一番初めに行かない

・屋上もしくは期間限定展示室、ショップから回る

・ネコバススペースで遊びたい場合、カフェ、レストランで飲食をしたい場合は10:00の回で入場してすぐがベスト!

それぞれの理由ですが、まず入場してすぐの場所に常設展示室がある為、ほとんどの人は自然と常設展示室から入ることになります。

なので、必ず混みます

先に期間限定展示ショップでのお買い物、お子さん連れのファミリーの方はネコバススペースへ行った方が賢明です。

管理人、今回の唯一の失敗は期間限定展示を終盤に持って行ったこと。

展示場に入るまでに20分待ちの大行列に並ぶ羽目になったので「食べるを描く」実施中は入場直後をオススメします。

ちなみにミニシアターは1回の上映での定員が決まっているため、好きなタイミングで観に行って問題ありません。

また、管理人は今回12:00の回で入場をしたのですが、三鷹の森ジブリ美術館は入れ替え制ではない為、入場時間が遅ければ遅いほど人は多いです。

入場直後で既にレストランは満席でウェイティング状態。

更に持ち込みのお弁当類を食べられる飲食スペースもごった返しでした…。

ので、お目当てのレストランメニューがある場合やお弁当持参で館内で食事をとりたい場合には10:00の回での入場は必須です!

まとめ

いかがでしたか?

そもそも三鷹の森ジブリ美術館、チケットを入手するのが非常に困難なんですよね。

毎月10日10時〜翌月分のチケット販売は、土日祝の予約枠は1〜2時間程度で完売してしまうという難関ぶり…。

幸運にもチケットが取れた方は、是非この記事を参考に無駄なく存分に三鷹の森ジブリ美術館を楽しんできてくださいね~♪

ではではまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする