Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

もしかして5月病・・・?と思ったら。セルフ診断チェック&対策まとめ。

こんにちは、ちゃるです。

きっと世間の9割以上はウキウキとワクワクが止まらない、年に一度のゴールデンウィークという大型連休が今年も目前にやってきましたね♪

実家に帰省する人、海外旅行へ行く人、普段なかなか会えない友人と遊びに行く人、平日に取りためたドラマをここぞとばかりに消化するぞと言う人、皆様いろんな楽しみを抱えて連休を迎えるかと思います。

さて、連休中は存分にリフレッシュして週明けからまた頑張るぞ!!という方がいまは大半ですよね。

がしかし、GW連休明けというのはこの時期特有のアレを発症するタイミングでもあります。

そう、「5月病」です。

スポンサーリンク

5月病にかかりやすいのはどんな人?

そもそも「5月病」とは、4月の年度切り替えのタイミングで就職や転勤・部署異動などの大きな環境の変化が発生する中で、新しい環境にうまくなじめず強いストレスを感じることによってうつ状態に陥る精神的障害のことを指します。

それが5月のGW連休明け頃から、少しずつガス欠を起こし「5月病」に陥ってしまうんですね。

ちなみに5月病にかかりやすい人の特徴としては、

・完璧主義

・物事へのこだわりが強い

・内向的な性格

・過保護に育てられた

などが挙げられます。

5月病セルフ診断チェック!

「5月病かな?」と思い当たる症状がある方は、下記の診断チェックを参考にしてみてくださいね。

□つい物事をネガティブに考えてしまう

□ひとつのことをクヨクヨ悩み続けてしまう

□食欲がわかない

□睡眠不足、うまく寝付けない

□人と会うのが面倒くさいと感じる

□身だしなみに手をかけなくなった

□これまで熱中していた趣味に興味がなくなった

□通勤時に体調が悪くなる

□朝になると会社に行きたくなくなり、遅刻や欠勤をしてしまう

□仕事のミスが増えて効率が落ちた

上記のうち4~6個当てはまった方は軽い抑うつ状態が見られるため黄色信号です。ストレスが高い精神状態のため、ここで無理をせずストレス解消やリフレッシュを積極的に行いましょう。

7個以上当てはまった方は要注意!2~3ヶ月以上長期にわたって現在の心の状態が続くようであれば、専門の機関へ相談・受診をするようオススメをします。

もちろん全てに当てはまったから「5月病」というわけではなく、一時的な気分の落ち込みが原因であったり、逆に深刻なうつ病のケースも考えられますので少しでも気になった方はこころの専門の医療機関にかかることをおすすめします。

5月病にかかったら・・・対策・解決方法

とにかく気分転換・リフレッシュ出来ることをして見ましょう。

頑張らなければいけないこと、「こうしなきゃだめなんだ」といった考え方や意識を思い切って投げ出したり、捨ててみることが大事です。

・軽い運動で汗を流す

・ゆっくりとお風呂に浸かる

・自然の多い場所に散歩に出かける

・小旅行に出かける

・カラオケなどで大声を出す

などなど・・・

もちろん「何もしない」ことを楽しむのもGoodです。

何もしていないぐーたらな自分を責めたり、落ち込んだりしないよう、とことんのんびりとした時間を楽しんでくださいね。

まとめ

・・・いかがでしたか?

連休前から連休が終わったときのことを考えるのはかえってストレスですよね。汗

まずはしっかりリフレッシュをすることだけを楽しんで下さいね!

万が一5月病にかかった場合でも、大抵は1~2ヶ月で自然と解消されると言われています。

焦らず、ゆっくりのんびり構えるのも大事ですよ。

ではではまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする