会社が破産するとどうなる?支払ったレンタル料や預けた資金はいつ戻るの?【はれのひ・コインチェックの今後】

こんにちは、ちゃるです。

昨日は振袖の販売、レンタル、着付け、フォトスタジオを運営していた

「はれのひ株式会社」の篠崎洋一郎社長がついに公の場に姿を現し、

会見を開きましたね。

▽篠崎洋一郎社長

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/14215881/

既に横浜地裁にて破産手続きが開始

されているそうで、事実上の「倒産」となりました。

更には同日、日付が変わるかどうかの時間帯に、大手国内仮想通貨取引所

「coincheck(コインチェック)」を運営する「コインチェック株式会社」

急遽会見を開きました。

▽コインチェック社の会見の様子

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000009-it_nlab-bus_all

「コインチェック」に関する事件の過去記事はこちら↓

コインチェックが倒産で資金は戻らない可能性大!?破産する人が続出?XEM(ネム)以外のコインはどうなる?【仮想通貨ショック】
こんにちは、ちゃるです。 日本での仮想通貨における大事件が ついに起こってしまいましたね…。 1月...

コインチェック社に関してはまだ事件の公表から半日と経っていない為、情報が少ない状態ではありますが、情報が出次第、随時お伝えをして行こうと思います。

スポンサーリンク

会社が破産するとどうなる?

一般的に会社が破産申請を開始することでどのような動きがあるのか、最終的に会社はどうなるのか、時系列でまとめてみました。

まず、そもそも「破産」とはどういうものなのでしょうか?

簡単に言えば債務者へ弁済を行うために

「財産を全部失う」状態となります。

もちろん個人でも破産をする方は

いますが、これを会社に置き換えると

会社としての財産を全て失う、手放す

ということですね。

ちなみに「会社の財産」とは

・商品在庫

・備品や消耗品

・事業口座に残っている残高

などがぱっと思いつきますね。

ちなみに所有していれば自社ビル等の

不動産社用車などももちろん対象と

なります。

これら事業に関する資産の一切を

「債権者」に弁済をするため

お金に換えられるわけですね。

ただここで注意をしたいのが債務者への

弁済の前に、未納の税金等があれば

まずそれに充てられるということです。

例えば所得税、法人税、消費税など

ですね。

また、はれのひ社で言うと従業員の

給与未払いも多く話題になっていました

が、この従業員への給与未払い分の

支払いも優先的に行われます。

更には借り入れのある銀行に預金が

ある場合、預金は貸金と相殺されるため

自動的に残高が空っぽに…

ということも考えられます。

つまり、

・振袖のレンタル料を支払った新成人やその両親など

・仮想通貨を購入していた利用客

の、いわゆる直接の被害者の補償に回る

資金はゼロか、良くても数%ほど。

絶望的ですよね…

ちなみに会社が破産をすると、

そのまま倒産をするケースが

ほとんどです。

会社の財産を全て持っていかれちゃう

わけなので、当然そうなりますよね。

これらをざっくり時系列でまとめると、

破産手続き開始

破産管財人が会社の債務・資産の全容を把握するために調査

会社の資産を全てお金に換え、債務者に按分して支払う
※前述の通り優先順位あり
会社は倒産

簡単すぎではありますが、こんなところでしょうか。

預けた資金や購入費用はいつ戻るの?

▽はれのひ本社が入っていたビル

出典:wikipedia

▽コインチェック社ロゴ

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/14215881/

・「はれのひ」で振袖のレンタル料を支払った

・「コインチェック」で仮想通貨を購入した

この2社の被害者の方々が

一番気になって仕方がないのが、

「お金は戻ってくるのかどうか」

という部分ですよね。

結論から先に申し上げますと、

前述したとおり直接の被害者に

お金が戻って来る可能性は

「非常に低い」です。

でもでも会社はなくなっても、

社長(代表取締役)や役員が

個人の資産で弁済する義務があるはず!

と思うかもしれません。

ですが、原則として

会社が破産した場合でもその債務を

代表者取締役や役員が個人で負う義務は

ありません。

※法律的には個人である代表取締役・役員へ

賠償請求が出来るケースもなくはないようです

うーん…

仮想通貨取引を行っていた方は特に、

諦めのつかない額を預けていた可能性が

あるので、簡単には気持ちを

切り替えられないとは思いますが…

補償については変な期待はせずに

ある程度覚悟を決めておいた方が良い

かもしれませんね。

まとめ

引き続き、情報が入り次第更新をかけていきます。

ではではまた〜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする